[サイバー攻撃大辞典 トップへ]

選択平文攻撃(Chosen Plaintext)


スポンサー リンク

説明


選択平文攻撃とは、任意の平文から暗号文を取得できる条件で、平文と暗号文を大量に生成し、そこから暗号鍵を推測する攻撃手法。
(脆弱性の存在により、暗号化されたパスワードを入手できる環境で)攻撃者が大量の会員登録を実行し、その後対応する暗号化されたパスワードを入手し暗号の鍵を解析する。
そして攻撃者以外の暗号化パスワードから、元のパスワードを推測する。


対策


例えば公開鍵暗号方式は暗号化のための公開鍵は公開されているため、誰でも選択平文攻撃が可能である。
よって公開鍵暗号方式は公開鍵暗号方式に対して安全であることが必須である。


スポンサー リンク






[サイバー攻撃大辞典 トップへ]


本サイト内掲載されている情報は、誰もその正当性は保証しません。独自の調査により判明した事項を記載しており、内容に誤りがある可能性があります。
内容により発生したいかなる損害は誰も補償しません。自己責任で参考として閲覧してください。
本サイト内掲載されている情報は、著作権法により保護されています。いかなる場合でも権利者の許可なくコピー、配布することはできません。 このページはリンクフリーです。(このページへの直接リンクも可能です。) Copyright(c) securitychecklist.net 2917