[サイバー攻撃大辞典 トップへ]

サイバースクワッティング(Cyber Suatting)


スポンサー リンク

説明


企業名、ブランド名、商品名、芸能人名に関連するドメイン名を彼らよりも先に取得し、後で高値で売り付け利益を得る行為。このような行為を行う物をドメイン占有屋とも呼ぶ。
高値での転売以外にもドメイン名でユーザを信頼させることも可能なため、そのままそのドメインで商売するケースもある。

Suattingとは「しゃがむ」「無断で占拠する」という意味。

攻撃例


・企業の商標出願やプレリリースを監視し、関連する商品名やブランド名に関するドメイン名をすばやく取得する。


実例としては「松坂屋問題」が有名。松坂屋より先に第三者が http://www.matsuzakaya.co.jp/ を取得し全くデパートとは異なる内容のコンテンツを発信していた。(現在では松坂屋がドメインを取得)

対策


・商標登録やプレリリース前に関連するドメイン名は取得しておく。合わせて類似したドメイン名も取得する。
・社名が変更しても、旧ドメイン名は放棄しない。


スポンサー リンク






[サイバー攻撃大辞典 トップへ]


本サイト内掲載されている情報は、誰もその正当性は保証しません。独自の調査により判明した事項を記載しており、内容に誤りがある可能性があります。
内容により発生したいかなる損害は誰も補償しません。自己責任で参考として閲覧してください。
本サイト内掲載されている情報は、著作権法により保護されています。いかなる場合でも権利者の許可なくコピー、配布することはできません。 このページはリンクフリーです。(このページへの直接リンクも可能です。) Copyright(c) securitychecklist.net 2917