[サイバー攻撃大辞典 トップへ]

位置情報サービスの危険性


スポンサー リンク

説明


スマホなどのデバイスで写真を撮影した場合、写真にExif情報 (位置情報サービス)が記録される。これは写真に撮影日時や撮影場所やカメラの種類などを埋め込む機能である。この情報を埋め込んだまま写真にSNSをアップロードすると、他人がその写真を解析して、以下のようなことが推測できる可能性がある。

・住所や通勤経路。
・普段遊びに行く場所。
・旅行先から写真をアップロードした場合、自宅が留守であることが推測されてしまう。


対策


・スマホなどのデバイスで、Exif情報 (位置情報サービス)を記録しない設定とする。
 (*)iPhoneでは 「設定」「プライバシー」「位置情報サービス」「カメラ」で「許可しない」に設定。

・SNSアップロードの機能で、Exif情報が削除されることを確認する。



スポンサー リンク






[サイバー攻撃大辞典 トップへ]


本サイト内掲載されている情報は、誰もその正当性は保証しません。独自の調査により判明した事項を記載しており、内容に誤りがある可能性があります。
内容により発生したいかなる損害は誰も補償しません。自己責任で参考として閲覧してください。
本サイト内掲載されている情報は、著作権法により保護されています。いかなる場合でも権利者の許可なくコピー、配布することはできません。 このページはリンクフリーです。(このページへの直接リンクも可能です。) Copyright(c) securitychecklist.net 2917