[サイバー攻撃大辞典 トップへ]

IPスプーフィング(IP spoofing)


スポンサー リンク

説明


IPスプーフィング (IPアドレス スプーフィング)とは、IPパケットのソースアドレスを偽装することにより、通信元を隠してアクセスする行為。ソースアドレスが偽装されていることに気が付かずに応答すると、全く無関係のIPに対して応答することにより第三者の被害者も発生する。
「spoofing」はなりすましという意味。



対策


・ファイアウォールやルータにおいてパケットのソースアドレスを確認し、論理的/物理的に送付されるはずの無いネットワークアドレスからのパケットであった場合パケットをドロップする。


スポンサー リンク






[サイバー攻撃大辞典 トップへ]


本サイト内掲載されている情報は、誰もその正当性は保証しません。独自の調査により判明した事項を記載しており、内容に誤りがある可能性があります。
内容により発生したいかなる損害は誰も補償しません。自己責任で参考として閲覧してください。
本サイト内掲載されている情報は、著作権法により保護されています。いかなる場合でも権利者の許可なくコピー、配布することはできません。 このページはリンクフリーです。(このページへの直接リンクも可能です。) Copyright(c) securitychecklist.net 2917