[サイバー攻撃大辞典 トップへ]

PING スイープ(Ping Sweep)


スポンサー リンク

説明


PINGスイープは、ネットワーク上(主にインターネット上)に存在するホストを検出する目的で行う行為。
攻撃の前段階で、ネットワークの構成を把握するため、あるいは攻撃の対象を探すために行う。

例えば以下のとおり、IPアドレスに対して順番にPINGを送信する。PINGに応答したホストは存在するものとしてホストの一覧リストを作成する。

ping x.y.z.1
ping x.y.z.2
ping x.y.z.3
ping x.y.z.4
ping x.y.z.5
ping x.y.z.6
ping x.y.z.7





インターネットでは日常的に行われている行為。



対策


・短期間に連続したアドレスに対してPING要求が発生した場合、そのアドレスからのPING要求はファイアウォールなどで拒否する。(一般的なファイアウォールでは設定項目があるはず)
 あるいはインターネットなど外部からのPING要求はファイアウォールなどで拒否する。
・重要なホストに関してはPINGの応答を無効化する。(ただしPINGによる生死監視の仕組みの考慮が必要となる)


スポンサー リンク






[サイバー攻撃大辞典 トップへ]


本サイト内掲載されている情報は、誰もその正当性は保証しません。独自の調査により判明した事項を記載しており、内容に誤りがある可能性があります。
内容により発生したいかなる損害は誰も補償しません。自己責任で参考として閲覧してください。
本サイト内掲載されている情報は、著作権法により保護されています。いかなる場合でも権利者の許可なくコピー、配布することはできません。 このページはリンクフリーです。(このページへの直接リンクも可能です。) Copyright(c) securitychecklist.net 2917