[サイバー攻撃大辞典 トップへ]

タブナビング(Tabnabbing)


スポンサー リンク

説明


タブ表示をサポートしているブラウザに対する攻撃。(IE、FireFox、Google Chromeなど)
スクリプトにより非アクティブのタブ上のページを偽のページに書き換え、ユーザがそのタグに移動したとき、偽のページを利用してパスワードなど情報を盗み出す。


攻撃例


ユーザがIEのタブを複数開いているとする。
ユーザが悪意のページ(WWWサーバAとする)にアクセスしたとき、その悪意のサイトのスクリプトで非アクティブタブのページの内容を偽のSNSログイン画面へ書き換える。
ユーザがそのタブに移動したとき、SNSのログイン画面が開いていると勘違いし、ユーザ名、パスワードを入力してしまう。
偽のページのホストは「WWWサーバA」のままであり、入力したユーザ名、パスワードが盗難される仕組みとなっている。


対策


根本的な対策は困難。ユーザはユーザ名/パスワードを入力するときは、必ずアドレスバー上のURLを確認するなど。


スポンサー リンク






[サイバー攻撃大辞典 トップへ]


本サイト内掲載されている情報は、誰もその正当性は保証しません。独自の調査により判明した事項を記載しており、内容に誤りがある可能性があります。
内容により発生したいかなる損害は誰も補償しません。自己責任で参考として閲覧してください。
本サイト内掲載されている情報は、著作権法により保護されています。いかなる場合でも権利者の許可なくコピー、配布することはできません。 このページはリンクフリーです。(このページへの直接リンクも可能です。) Copyright(c) securitychecklist.net 2917