[サイバー攻撃大辞典 トップへ]

Wi フィッシング(Wi phishing)


スポンサー リンク

説明


Wi フィッシングとは無料のアクセスポイントに情報盗難の仕掛けを行い、知らずにWi スポットに接続したユーザに対して通信内容を盗聴しパスワードなどを盗難する攻撃。
偽のアクセスポイントを構築・公開し、接続するユーザからユーザ名・パスワードを盗難したり、通信を盗聴する。ウィルスに感染する場合もある。


攻撃例


Wi フィッシングを仕掛けられたWiFi経由でSNSサイトにアクセスした場合、実際には本物そっくりの偽物サイトに誘導され、そこで入力したIDとパスワードが盗難される。

その他APフィッシング、Evil Twin とも呼ばれる。Evil Twinの由来は「双子の悪魔」という意味である。一見 WiFiを無料で提供する善良なサービスに見えるが、実際には情報を盗む仕組みである両方の顔を持つことが由来すると思われる。

対策


無料の Wifiスポットは使用しない。


スポンサー リンク






[サイバー攻撃大辞典 トップへ]


本サイト内掲載されている情報は、誰もその正当性は保証しません。独自の調査により判明した事項を記載しており、内容に誤りがある可能性があります。
内容により発生したいかなる損害は誰も補償しません。自己責任で参考として閲覧してください。
本サイト内掲載されている情報は、著作権法により保護されています。いかなる場合でも権利者の許可なくコピー、配布することはできません。 このページはリンクフリーです。(このページへの直接リンクも可能です。) Copyright(c) securitychecklist.net 2917