[サイバー攻撃大辞典 トップへ]

バッファオーバーフロー


スポンサー リンク

説明


プログラムがデータを保管するメモリエリアに対して、容量以上のデータを送ることにより、想定外の動作を引き起こさせる。
溢れた領域に悪意のプログラムを仕込み、プログラムを実行させる。


対策


・バッファオーバーフローの起こりにくい言語を使用する。(Java。PHP、Perlなど)
・データ実行防止 (DEP) を有効にする。
・Windows や Acrobat など最新パッチを適用する。
・例え実行可能ファイルではなくても、不審なプログラムは絶対に開かない。


スポンサー リンク






[サイバー攻撃大辞典 トップへ]


本サイト内掲載されている情報は、誰もその正当性は保証しません。独自の調査により判明した事項を記載しており、内容に誤りがある可能性があります。
内容により発生したいかなる損害は誰も補償しません。自己責任で参考として閲覧してください。
本サイト内掲載されている情報は、著作権法により保護されています。いかなる場合でも権利者の許可なくコピー、配布することはできません。 このページはリンクフリーです。(このページへの直接リンクも可能です。) Copyright(c) securitychecklist.net 2917