[サイバー攻撃大辞典 トップへ]

ディレクトリ トラバーサル(directory traversal) | パストラバーサル(path traversal)


スポンサー リンク

説明


クライアントからファイル名を指定する場合、相対パスを指定することにより任意のファイル(想定外)をアクセスする。


攻撃例


以下のようにユーザ入力ファイル名(param1)より内容を表示するプログラムがあるとする。
------------------------------------------
str="/home/user01/data/app01/var/".$param1
cat $str
------------------------------------------

この場合、悪意のユーザがパラメータに以下を指定した場合、結果として /etc/passwd と同じディレクトリとなりpasswdの中身を表示してしまう。

"/../../../../../../../../../../../etc/passwd"

別名はディレクトリクライミングとも呼ぶ。


対策


・クライアントからのパラメータを元にサーバ側のファイルを参照/処理する方式は避ける。
・Webサーバでファイルを開く場合はディレクトリは固定とする。ファイル名はディレクトリ区切り文字(/や\)や|(パイプ) や.(ドット)などが含まれていないことをチェックする。
・ファイルのアクセス権を適切に設定する。
・ファイル名に%など特殊文字を含む場合はエラー処理する。


スポンサー リンク






[サイバー攻撃大辞典 トップへ]


本サイト内掲載されている情報は、誰もその正当性は保証しません。独自の調査により判明した事項を記載しており、内容に誤りがある可能性があります。
内容により発生したいかなる損害は誰も補償しません。自己責任で参考として閲覧してください。
本サイト内掲載されている情報は、著作権法により保護されています。いかなる場合でも権利者の許可なくコピー、配布することはできません。 このページはリンクフリーです。(このページへの直接リンクも可能です。) Copyright(c) securitychecklist.net 2917