[サイバー攻撃大辞典 トップへ]

return-to-libc


スポンサー リンク

説明


コールスタック上のリターンアドレスを別のアドレスに書き換え、かつスタック上のパラメータも書き換えることで攻撃を行う関数をコールする攻撃。
libraryは一般的にアドレスが固定であるため攻撃の対象となりやすくなる。


対策


対策は「アドレス空間配置のランダム化 」(ASLR: Address space layout randomization)である。
アドレスをランダムにすることにより、攻撃者がアドレスを推測することを防止する。


スポンサー リンク






[サイバー攻撃大辞典 トップへ]


本サイト内掲載されている情報は、誰もその正当性は保証しません。独自の調査により判明した事項を記載しており、内容に誤りがある可能性があります。
内容により発生したいかなる損害は誰も補償しません。自己責任で参考として閲覧してください。
本サイト内掲載されている情報は、著作権法により保護されています。いかなる場合でも権利者の許可なくコピー、配布することはできません。 このページはリンクフリーです。(このページへの直接リンクも可能です。) Copyright(c) securitychecklist.net 2917