[サイバー攻撃大辞典 トップへ]

サラミ法(salami slicing)


スポンサー リンク

説明


サラミ法とは攻撃方法の考え方の一種で、不正が発覚しない程度の少量の攻撃や金品の搾取を継続する行為。
被害が少量であるために被害者は気が付かず、長期に渡り結果として膨大な被害を受ける可能性がある。

有名なのは1960年代にアメリカンの銀行で発覚した、利子の計算結果において1セント未満の端数を自分の口座に振り込むようプログラムを細工した詐欺行為。

スポンサー リンク






[サイバー攻撃大辞典 トップへ]


本サイト内掲載されている情報は、誰もその正当性は保証しません。独自の調査により判明した事項を記載しており、内容に誤りがある可能性があります。
内容により発生したいかなる損害は誰も補償しません。自己責任で参考として閲覧してください。
本サイト内掲載されている情報は、著作権法により保護されています。いかなる場合でも権利者の許可なくコピー、配布することはできません。 このページはリンクフリーです。(このページへの直接リンクも可能です。) Copyright(c) securitychecklist.net 2917