[サイバー攻撃大辞典 トップへ]

サイドチャネル攻撃(side-channel attack)


スポンサー リンク

説明


サイドチャネル攻撃とは、ブラックボックス化した装置の動作を外部から観察し、内部の仕組みを推測する攻撃方法。
例えばICカードリーダを攻撃する場合、解読中に故意にエラーを発生させ、エラー処理の所要時間や消費電力を測定することにより秘密鍵や内部アルゴリズムを推測する。
暗号アルゴリズムが強固でも実装に不備がある場合、セキュリティの脆弱性となる。


スポンサー リンク






[サイバー攻撃大辞典 トップへ]


本サイト内掲載されている情報は、誰もその正当性は保証しません。独自の調査により判明した事項を記載しており、内容に誤りがある可能性があります。
内容により発生したいかなる損害は誰も補償しません。自己責任で参考として閲覧してください。
本サイト内掲載されている情報は、著作権法により保護されています。いかなる場合でも権利者の許可なくコピー、配布することはできません。 このページはリンクフリーです。(このページへの直接リンクも可能です。) Copyright(c) securitychecklist.net 2917