[セキュリティ 用語集 トップへ]

セキュリティ 用語集

スポンサー リンク



Q アンチウィルスゲートウェイとは(AntiVirus Gateway)

A
アンチウィルスゲートウェイとは、ネットワークが流れる場所に設置するアンチウィルスソフト。例えばインターネット接続システムではFirewallと内部ネットワークの間に設置して、流れるでデータをアンチウィルスする。
アンチウィルスは一般的には個人PC上で稼働させるが、アンチウィルスゲートウェイではさらにPCに到着する前で検査することによりさらにセキュリティ強度を高める。
アプライアンス機器として提供される場合も多い。Proxyと同居する場合もある。さらにふるまい検知により、ダウンロードファイルや添付ファイルを仮想環境で実行して不正ソフトが含まれないか検査する場合も多い。

不正が見つかったらパケットを破棄するタイプや単にパケットのミラーを検査して不正が見つかった場合に通報するだけの場合もある。インターネット接続システムを構築する場合には必須のソフトウェアと言える。
カテゴリ:防御手法

スポンサー リンク






[セキュリティ 用語集 トップへ]


本サイト内掲載されている情報は、著作権法により保護されています。いかなる場合でも権利者の許可なくコピー、配布することはできません。 このページはリンクフリーです。(このページへの直接リンクも可能です。) Copyright(c) securitychecklist.net 2014 - 2017