[セキュリティ 用語集 トップへ]

セキュリティ 用語集

スポンサー リンク



Q 秘密分散とは(Scecret Sharing)

A
秘密分散とは、守るべきデータを分割、多数の場所に分割して保管することにより、一か所のセキュリティが突破されデータが盗難されても意味をなくする防御方式。
従来の鍵方式による暗号化やパスワード認証によるデータの保護では、鍵やパスワードが盗難されたらデータを盗まれてしまう。またCPU性能の飛躍的な向上により、従来の暗号化方式は容易に解読される日が来る可能性が高い。
これを防ぐために、データを破片のように細かく分割して保管し、各破片が揃わないと元のデータに戻せない方式とする。

データはクラウド、オンプレミス、USBストレージなどに分散して保管する。

クラウドストレージはランニングコスト削減に有効だがやはりセキュリティの面で懸念が残る。
もし秘密分散に対応しているサービスはこの懸念点を補い付加価値が高いサービスとなるであろう。

scecret sharing(秘密分散)あるいは secret splitting(秘密分割)とも呼ばれる。



カテゴリ:暗号化

スポンサー リンク






[セキュリティ 用語集 トップへ]


本サイト内掲載されている情報は、著作権法により保護されています。いかなる場合でも権利者の許可なくコピー、配布することはできません。 このページはリンクフリーです。(このページへの直接リンクも可能です。) Copyright(c) securitychecklist.net 2014 - 2017